離婚時の年金分割【基礎編】

この記事は約3分で読めます。
 目次

分割対象部分とは

二つの分割制度の比較

分割前の年金支給額

分割対象期間とは


※日本年金機構サイトより当オフィス作成
離婚時年金分割の対象となるのは、2階部分の厚生年金・共済年金のみとなります。

 

  • 第1号被保険者

    自営業者や学生などが該当します。第1号被保険者は厚生年金に未加入のため、離婚しても年金分割制度の対象にはなりません。

  • 第2号被保険者

    主にサラリーマン、OL、公務員が該当します。年金分割制度の対象になります。

  • 第3号被保険者

    第2号被保険者に扶養されている方です。専業主婦が該当します。

二つの分割制度の比較

 合意分割と3号分割の違い

  • 按分割合

    (1)合意分割

    2分の1を上限に夫婦の話し合いで決定します。
    合意に至らない場合は家庭裁判所が定めます。

    (2)3号分割

    強制的に2分の1です。話し合いや裁判の余地はありません。

  • 分割対象期間

    (1)合意分割

    婚姻期間全て。

    (2)3号分割

    平成20年4月1日以降で第3号被保険者として扶養されていた期間。

    もっと詳細な解説も可能ですが、皆さんの関心がある部分を要約しました。
    具体的なイメージは以下のようになります。

    合意分割モデルケース

    3号分割モデルケース

  • 共通点

    どちらも有効期限は離婚の日の翌日から「2年」です。

  • メリットとデメリット

    (1)合意分割

    婚姻期間全てが分割対象となるので分け前は多いですが合意を取り付ける必要があるため、協議が難航する可能性も残ります。

    しかも上限2分の1となっており、必ずしも半分もらえるとは限りません。

    ただ、一生ものの財産になるので、難航してでも2分の1を勝ち取りたい権利ではあります。

    (2)3号分割

    分割対象が制度の施行日である平成20年4月1日から離婚日までの第3号被保険者期間に限られるため、分け前はまだ多いとは言えません。

    ですが、相手との合意が不要で強制的に2分の1に配分してくれる点は非常に大きなメリットです。

    本来は合意分割もそうであるべきと個人的には思うのですが。。法改正が待たれます。

  • ちなみに・・

    合意分割と3号分割は同時に申請できます。その場合まずは3号分割から行い、その後合意分割に移ります。

分割前の年金支給額

  • 第1号被保険者

    第1号被保険者は1階部分の国民年金(基礎年金)の支給になりますので、支給額は年間で約80万円になります。保険料が一律なので、支給額も一律となっています。

    ただし、これはあくまで40年間払い続けた場合の金額ですので、もし払い漏れの期間があればその分は除外されます。

    (例)35年間払った場合
    80万円×35年/40年=70万円

    さらに、自主的に付加年金や国民年金基金、個人型の確定拠出年金に加入している場合は、その分が上乗せされることになります。

  • 第2号被保険者

    第2号被保険者は1階部分の国民年金(基礎年金)と2階部分の厚生年金(公務員等は共済年金)がもらえ、さらに会社に3階部分である厚生年金基金や確定拠出年金、確定給付年金の制度があればそちらも支給されます。

    金額ですが、1階部分の国民年金とは違い、保険料は給料によって変わってきますので、支給額は一概には言えません。

    ねんきん定期便を活用したり年金事務所に問い合わせるなどして確認してください。

  • 第3号被保険者

    第3号被保険者は第1号被保険者と全く同じ計算になります。保険料を払い込むことなく国民年金加入者扱いになっているのですから、いかにサラリーマンの配偶者は優遇されているかお分かりでしょう。

タイトルとURLをコピーしました